自動車保険 初めての自動車保険 自動車保等級 忍者ブログ
自動車保険の見積もり比較をまずしましょう。自動車保険会社やプランはたくさんあるので自動車保険の無料見積りを行いましょう。
SponsoredLink
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自動車保険等級とは、自動車の事故に関する保険料の割引率を左右するもので、ドライバーにとっては
非常に重要なものとなってます。


自動車保険等級は通常6等級から始まり20等級までがリミットですが、一年で一等級上がり、
一度の事故で3等級下がるという決まりがあるため、車の維持費を安くすることを考えると、
出来るだけ事故を起こさずに、上の等級を維持することがドライバーにとっての目標でしょう。


しかし通常は事故を起こした場合、等級が下がるのが普通ですが、下がらないケースがあります。


それは「等級すえおき事故」と呼ばれ、いくつかの条件の1つに当てはまる場合適用されます。


火災や爆発、盗難、落書、窓ガラス破損、騒じょうや労働争議などが原因の暴力行為や破壊行為
などの突発的なものや人為的な事故。


それから台風、たつ巻、洪水、高潮などの被害による天災的な事故などの場合であり、また非常に
稀なことではありますが、飛来中や落下中の他物などに衝突した場合も適用されます。


この様に自動車保険の等級制度を見ていきますと、「等級すえおき事故」のような例外的な事柄を
除いては、常に安全運転を心がけているドライバーであれば高い等級を維持していくことはそんなに
難しい事ではないと思います。


しかしこうした自動車保険の等級制度によってドライバーの安全意識が高められてきているとは
思いますが、それでもいっこうに非常識ドライバーの悲惨な交通事故が多いのは何故なのでしょうか?


特に飲酒運転は絶対にやめてほしいですね。

PR
カテゴリー
SponsoredLink
最新コメント
最新トラックバック
iso
(11/16)
コンタクト
管理者:自動車保険を見直そう
【管理者へ問い合せ】

※誹謗中傷等へは対応しません
バーコード
忍者ブログ [PR]