自動車保険 初めての自動車保険 忍者ブログ
自動車保険の見積もり比較をまずしましょう。自動車保険会社やプランはたくさんあるので自動車保険の無料見積りを行いましょう。
SponsoredLink
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


あなたは、自分が現在加入している自動車保険の保険料がもっと安くならないかと思ったことはありませんか?


自動車保険会社のTVのCMなどを見ると、安さを謳い文句にした内容がメインとなっていますよね。


そしてたくさんの自動車保険会社があるために、一体どこの保険会社が一番安いのだろうとか、
自分のニーズにあった安い保険会社がまだ他にあるのではないかなどと考えたこともあったでしょう。


昔はどこの保険会社も同じような保険料でしたが、現在では通販専門の保険会社の出現によって、
保険料にかなりの差が出てきているようです。


そこで必要になってくるのが、自動車保険を見直しでしょう。


そのためには保険料の見積もりをすることで、どれだけ自動車保険の保険料が安くなるかハッキリします。


新たに保険料の見積もりをするのとしないのでは、年間に数万円も差が出てくることがあり、知らないうちに
損をしているかもしれませんよ。


どこの保険会社を選ぶべきかは、ドライバーの車の利用状況、年齢、免許証の色、車の新しい古い
などによって保険料が変わってきますので、よく調べた上で決めることです。


例えば三井ダイレクト損害保険株式会社は、日本の通販型自動車保険で一番有名ですが、保険料がより
安くなる基準として、若いドライバーの人や、運転免許証がブルーである人、走行距離の多さなどによって
決まります。


まずは一度自動車保険の見積もりをしてみることを強くお勧めします。

PR

チューリッヒのスーパー自動車保険は、さまざまな革新的サービスがあり、リーズナブルな保険料
で多くのお客様の獲得と信頼を得ています。


チューリッヒのスーパー自動車保険でまず目に付くのが、ひとりひとりのリスクにピッタリの
保険料の算出であり、非常に合理的に考え出されている点でしょう。


またお客様ごとに補償内容、特約を組み立てて、無駄の無い賢いカスタムメイドの保険作りを
行っています。


チューリッヒでは全国約8000箇所のロードサービス拠点を設けており、さらに約300箇所の
修理工場があるため、そのネットワーク性は、ドライバーにとって申し分ないサービスでしょう。


事故、故障時の帰宅、宿泊費用、無料ロードサービスなども充実しており、非常時にも安心の
サポートが受けられそうです。


チューリッヒのスーパー自動車保険は、このように安さ、サービス内容、サポートと、非常に
満足できる自動車保険といえます。


また新規のお客様でインターネットでお申し込みされっると、最大7000円の割引になるなど
他の保険会社に引けを取らないサービスです。


確かに保険料の安さも見逃せませんが、内容、サービス共に満足できるものでなければ、他の
保険会社との差別化による生き残りは難しいと思います


チューリッヒのスーパー自動車保険が1998年1月の発売開始以来、根強い支持を得てきているのは
常に優れた補償内容を開発し、よりよいサービス向上に努めてきているからでしょう。

今までの自動車保険とは違って、リスク細分型保険とは保険料を決めるさいに、リスク区分を
今までの自動車保険よりもっと細かくして、よりドライバーの使用条件にあった保険条件に
設定し、無駄な保険料を払わなくて済むように狙った設定法です。


例えば走行距離の少ない人の場合、多い人と比べたら事故を起こす確立が少ないですよね。
それなのに保険料が同じというのではちょっと納得しかねると思うのです。


そういう方のために走行距離の短い人はそうでない人よりも保険料を安くし、加入にメリットを
感じてもらえるように配慮した訳ですね。これなら納得です。


また自動車保険の販売形態も変わりつつあります。以前は営業の人がお客さんひとりひとりをまわって
加入してもう方法をとっていたのですが、最近はインターネットの普及により、オンライン見積もりや
申し込みが簡単にできるようになりました。


リスク細分型保険は今までの自動車保険よりも割安の理由もここにあり、通販形態になると
営業で回る販売員の人件費がカットできる為、その分安く販売できることになるのです。


オマケにインターネットは24時間オープンですので、加入希望者は無料一括見積りサイトなどで
いつでも各自動車保険会社の補償内容などを比較検討できるところが又便利ですね。


またインターネットならではの割引サービスもあるようなので、是非利用したいものです。

自動車保険の任意保険に入る前に、どの保険会社にするか決めることは大事なことです。


それはいわゆるどこの代理店と契約するかということです。


自動車保険の多くは代理店が介在しているので、事故発生時にどれだけ細やかな対応が出来るか、
またいかに適切なアドバイスがもらえるかという点で、非常に重要だからです。


自動車保険の任意保険は、いろいろな種類があります。そのいずれも強制保険である自賠責保険
では補えない加害者の金銭的負担を援助するものでありますが、月々の保険料のことも考えると、
どの保険会社(代理店)にするかは慎重に決めたほうが良いでしょう。


インターネットなどで一括資料請求してみるのがいいかと思われますので、利用してみてはどうでしょう。


一般的に、自動車保険代理店である車の販売店で加入されることが多いですが、これには大きな
メリットかあり、事故時に事故の受付と修理を両方してくれるので、一石二鳥といった感じです。


しかしデメリットもあり、取り扱う保険会社の数が限られている点です。


自動車保険を比較検討される人にとっては、お目当ての保険会社で無かった場合、ちょっと残念な
気分になりますよね。


また車の販売店の店員さんも、保険については熟知している人があまりいなく、受付はしてくれるけど
迅速な対応がどこまで出来るのだろうか疑問は残ります。


しかし、事故後の処理もお任せできる事を考えれば、個人的にはマルといったところでしょう

自動車保険等級とは、自動車の事故に関する保険料の割引率を左右するもので、ドライバーにとっては
非常に重要なものとなってます。


自動車保険等級は通常6等級から始まり20等級までがリミットですが、一年で一等級上がり、
一度の事故で3等級下がるという決まりがあるため、車の維持費を安くすることを考えると、
出来るだけ事故を起こさずに、上の等級を維持することがドライバーにとっての目標でしょう。


しかし通常は事故を起こした場合、等級が下がるのが普通ですが、下がらないケースがあります。


それは「等級すえおき事故」と呼ばれ、いくつかの条件の1つに当てはまる場合適用されます。


火災や爆発、盗難、落書、窓ガラス破損、騒じょうや労働争議などが原因の暴力行為や破壊行為
などの突発的なものや人為的な事故。


それから台風、たつ巻、洪水、高潮などの被害による天災的な事故などの場合であり、また非常に
稀なことではありますが、飛来中や落下中の他物などに衝突した場合も適用されます。


この様に自動車保険の等級制度を見ていきますと、「等級すえおき事故」のような例外的な事柄を
除いては、常に安全運転を心がけているドライバーであれば高い等級を維持していくことはそんなに
難しい事ではないと思います。


しかしこうした自動車保険の等級制度によってドライバーの安全意識が高められてきているとは
思いますが、それでもいっこうに非常識ドライバーの悲惨な交通事故が多いのは何故なのでしょうか?


特に飲酒運転は絶対にやめてほしいですね。

カテゴリー
SponsoredLink
最新コメント
最新トラックバック
iso
(11/16)
コンタクト
管理者:自動車保険を見直そう
【管理者へ問い合せ】

※誹謗中傷等へは対応しません
バーコード
忍者ブログ [PR]